新たな都市計画道路の説明会

まちづくり

東京都は、都市計画道路補助156号線の整備にむけて説明会を開催すると公表しました。補助156号線は1962年に都市計画決定がされた高野台5丁目から西東京市境までの4,050mの路線で、目白通りから補助135号線(大泉学園通り)までの大泉街道が整備されています。

今回対象となるのは北野神社交差点前から東大泉4丁目、南大泉5・6丁目、西大泉1丁目を通り西東京市境までの約1,410mです。これらの地域は閑静な住宅街が広がっており、道路整備となれば地域のコミュニティや環境に大きな影響を及ぼすことになります。

台風の影響で延期となっていた、事業と測量の説明会が10月11、13日に行われます。私も参加します。



 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧